腎臓病のための食事で必要な栄養素を補おう

ご飯

腎臓に関わる疾患と対策

笑顔の夫婦

腎臓は、血液をろ過し、老廃物の排出を促すという大切な働きをしています。これらの機能が低下すると、腎臓病と呼ばれる疾患になってしまいます。腎臓病患者にとって重要なのは食事です。たんぱく質や塩分の摂取を控えることで、病気の進行を食い止めることにつながります。

もっと詳しく

体内に老廃物が残ります

和食

腎臓病は、体内の毒素や老廃物を排出する腎臓の機能が低下する病気です。進行を防ぐためにも食事はきちんとコントロールする必要があります。たんぱく質を抑えることが大切ですが、カロリー不足にならないために多めに油分を取ります。

もっと詳しく

便利な世界になっている

食事

腎臓病の食事療法では、タンパク質・塩分・カリウムの摂取量が細かく決められているので、摂り過ぎないように注意して早めに直すことが大切です。また、ご飯やパンに含まれるタンパク質は控えめにして、魚や肉の良質なタンパク質を多く摂ることが大事になります。

もっと詳しく

食べ物からのケアを

男の人

タンパク質控えめが大切

腎臓病ではタンパク質を多く摂りすぎると腎臓に負担がかかり身体に良くありません。その為、病気の進行を食い止めたり、体調の悪化を防ぐ為には、食事の工夫が欠かせないのです。腎臓病の食事はタンパク質を少なめにし、糖分や脂肪分で上手くバランスを整える必要があります。タンパク質については肉類や卵、乳製品だけではなく、色々なものに含まれているので注意しましょう。糖質がメインに思われがちな穀物でも、強力粉など、物によっては多く含まれるので注意が必要です。タンパク質が多い食品は肉類や魚、卵乳製品などが目立ちます。しかし、食事にこれらの物を全く用いないのは難しいですよね。なので、例えば同じ肉類にしても、出来るだけタンパク質の少ない食材を探すようにすればバランスは取りやすいです。また、腎臓病には動物性よりも植物性タンパク質の方が差し障りがないとされていますので、食事に取り入れやすいと言えます。

調理の負担を軽くするには

腎臓病ではタンパク質控えめの食事となりますが、毎日、これを考え、作ると成ると大変です。作る方が参ってしまうと大変ですので、辛くなる前にサポートや支援サービスは積極的に取り入れた方が良いと言えます。レシピについては本や書籍、インターネットでも、腎臓病食の作り方や工夫点が多く紹介されています。また、通販やインターネットショップなどで、腎臓病向けの調理済み食品やインスタント食が手に入りますので、食事の内で何食かを時々、これに置き換えるのも悪くないかと思います。腎臓病用のお弁当なども、利用できますね。腎臓病は本人も勿論ですが、看病したり食事の世話をする方にも負担は少なくありません。食事も勿論ですが色んな面で、無理のないように工夫することが重要といえます。