“ sabouしが ”とは

今から13年ほど前、長野県松本市四賀地区(旧東巨摩群四賀村)に佇む築190年の古民家と出逢い、ここsabouしがは自然の中の「小さな古民家カフェ」としてスタート致しました。そして年月を経て2018年4月、ようやく念願の古民家オーベルジュ「sabouしが」(※オーベルジュとは、元はフランスが発祥の地で、主に”郊外や地方にある宿泊設備を備えたレストラン”のことを指します)をリニュールオープンする運びとなりました。

第二の故郷のような感覚で、新鮮な空気とともに、その地で育った地場のものを召し上がって頂く。翌日には北アルプスを望む周辺の温泉や散策に出向き、アロママッサージなど予約してみる。そしてお部屋でゆっくりと寛ぎながら明日の計画を練る。時間約束に縛られることもないからその日の気分でもいいのかも知れない。

古民家一棟を貸し切ってその使い方は自由であってほしい。そんな少し変わった貸切古民家のオーベルジュでゆっくりとお過ごし頂けるよう、皆様の「古民家Stay」のお手伝いができればと考えております。

オーナー 田中ゆかり


 

陽は昇りやがて北アルプスへと沈んでゆく

心地よい風がそよぎ、かすかに遠く聞こえる沢の音、

蛙や鳥たちの鳴き声と、季節ごとに咲く草花たち

墨黒な闇の中から現れる満天の星空

古民家を訪れる旅人は、その存在すら自然の流れに溶け込みながら・・・

  1. 2018.05.12

    四賀棚田プロジェクト~田植え編~体験者募集‼

  1. 登録されている記事はございません。

予約カレンダー((テスト中、使用できません)

sabou-siga Instagram