腎臓に関わる疾患と対策|腎臓病のための食事で必要な栄養素を補おう

腎臓病のための食事で必要な栄養素を補おう

夫婦

腎臓に関わる疾患と対策

笑顔の夫婦

腎臓は、背中側に二つあるそらまめのような形をした臓器で、体にとって欠かせない様々な働きをしています。働きの中でも特に重要なのが、老廃物の排出です。血液中に溜まった様々なものを栄養素と不要物へ分けてろ過し、体外へ排出するという重要な役割を果たしています。しかし、この腎臓が何らかの原因によって機能が衰えてしまうのが腎臓病と呼ばれる疾患です。腎臓病は、悪化すると透析と呼ばれる人工的に血液をろ過させる治療を行い続けなくてはならないため、体への負担が大きくなってしまいます。腎臓病において、重要なのは食事療法です。正しい食事を摂ることで、腎臓病の進行を遅らせることが出来るため、食事には十分気を使うようにしましょう。

食事を気を付けることで、腎臓病の進行を遅らせて体調を良好に保ち、透析前ならば深刻な腎不全になる可能性をぐっと低くすることにもつながります。具体的には、たんぱく質と塩分の摂取をなるべく控えるということです。たんぱく質と塩分は、過剰な量を摂取してしまうと、腎臓の働きに負担をかけてしまうものです。しかし、これらは摂らな過ぎても体に悪影響をもたらしますので、医師の指導のもと、決められた量で制限しながら摂取することがオススメです。外食はなるべく避け、野菜中心の食生活にすることが望ましいです。塩分については、減塩調味料なども売られていますので、それらのアイテムを上手に使うようにしましょう。工夫して食事を摂り、健康を取り戻しましょう。